2009年度前期研究大会・後期研究大会

 第26回全国大会(名古屋大会)の主管となっているため、事前準備を行った。また、全国の共同研究に参加するため、歌集への推薦曲選曲基準を審議し、中部地区学会としての推薦曲を決定した。

 

2010年度前期研究大会

 第26回全国大会(名古屋大会)の主管となっているため、事前準備を行った。

2010年度後期研究大会

 日時:2011年3月12日(土) 場所:高田短期大学

 ① 講演:学び方を学ばせる音楽教育を考える - 指導者をめざす学生のために- 講師:畠澤  郎

 ② 研究演奏

  ・岡田 暁子:クラヴィコード風演奏の試み

  ・宮田 俊雄・小杉 裕子:ピアノ連弾をとおして聴くことの意味を知る- 音楽の楽しみを広げるための試み-

  ・矢内 淑子:中田喜直作曲、三善達治の詩による歌曲

  ・岡田 泰子:ピアノ奏法の研究 - ショパン生誕200年にちなんで-

 ③ 研究発表

  ・渡邉さらさ:ハンガリーマイバ保育園とコダーイ音楽教育研修の報告

  ・近藤 久美・岡田 暁子:番号順にこだわらないバイエルの進め方

  ・三宅 啓子・福西 朋子:保育学生の音楽的表現技能を高める授業内容と教育方法- 音楽基礎技能「器楽法」の取り組みから-

 ④ ワークショップ:いつもの授業から - 遊ぶことが学ぶこと、学ぶことが遊ぶこと- 講師:鞍掛 昭二

 

2011年度前期研究大会

 日時:2011年7月31日(日) 場所:東海学園大学(名古屋キャンパス)

 ① 講演:子どもと保育者の思い合い、感じ合い - 表現あそびを通して- 講師:小西由利子

 ② 研究演奏

  ・岡田 暁子:クラヴィコード風演奏の試み(2)

  ・岩佐 明子:歌心を感じさせるフレーズの演奏法

  ・藤本 逸子・久野以早夫:学生に合奏の楽しさを体験させ、学生の中にあるイメージを豊かに広げる

 ③ 研究発表

  ・小杉 裕子・宮田 俊雄:小学校教員免許取得に軸足を置く学生への音楽教育を考える- 音楽教員免許併修に向けた取り組みから-

  ・岡田 泰子:保育者養成における幼児の歌をより楽しく豊かに表現するための試み- 学生の自主創作活動を通しての実践報告-

 ④ ワークショップ:いつもの授業から- 子どもたちにベルを振らせよう- 講師:鞍掛 昭二

2011年度後期研究大会

 日時:2012年2月25日(土) 場所:愛知東邦大学

 ① シンポジウム:養成教育における音楽のあり方を考える

   シンポジスト:木許  隆・高御堂愛子・岡田 泰子 コーディネーター:藤本 逸子

 ② 講演:保育者養成における手あそびの必要性 講師:植田 光子

 ③ 研究発表

  ・杉山 祐子:音楽表現におけるあそびうたの歌詞への音楽の効果について- 新沢としひこ作品を教材にした授業での学生の気づきによる-

  ・斎藤  真:近隣国の幼児音楽教育方法に関する研究- 北朝鮮の幼稚園音楽教育方法に関する資料分析を通じて-

  ・山本 祐子:教員養成課程の学生に対するピアノ指導を考える- 学生同士がかかわり合うグループレッスンの試みから-

  ・木許  隆:仏教讃歌とその歴史的背景

  ・鞍掛 昭二:養成校での授業のための編曲“与作”七沢公典作詞・作曲

 ④ ワークショップ:口頭発表・授業のためのアレンジ“与作”を合奏する 講師:鞍掛 昭二