2018年度前期研究大会

 日時:2018年8月4日(土) 場所:東海学園大学(名古屋キャンパス)

 ① 研究発表(演奏)

  ・村松 麻衣:日本のうたを主題としたピアノ独奏作品から育まれる想像性について

  ・河合 玲子:本居長世の童謡における抒情性について- 野口雨情の作品より - (伴奏:平澤 節子)

  ・藤本 逸子・久野 以早夫:連弾演奏による表現の可能性の試み

 ② 研究発表(口頭)

  ・松川 亜矢:トーンチャイムの活動を通して育まれるもの

  ・岡田 暁子:語呂あわせを用いたコード・ネームの指導法

 ③ 講演:子どもの資質・能力を育む学びの過程・学びの質を問い直す 講師:木村美知代

 ④ 研究発表(口頭)

  ・河合 玲子:読譜理解への試み- 拍を意識したリズムの捉え方に注目して- 

  ・木許  隆:保育者養成における授業内容の改善

  ・菅野 道夫:産・学・官共同から生まれた子どもの遊びうた- かかみがはらにんじんのうた- 

2018年度後期研究大会

 日時:2019年3月9日(土)岐阜聖徳学園大学(岐阜キャンパス)

 ① 研究発表(演奏)

  ・髙橋早紀子:バルトーク作曲「15のハンガリー農民の歌」より- 言語の発音を意識した演奏の試み- 

  ・岡田 泰子:強弱記号のない楽譜を表現することとは- モーツァルト作品の教育的意味を感じて - 

  ・河合 玲子:行事に関する「子どもの歌」の教材研究Ⅰ- 卒園式で歌われる「子どもの歌」のねらいに注目して- (伴奏:村松 麻衣)

 ② 研究発表(口頭)

  ・岩佐 明子・長井 典子・木許  隆:「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」施行に伴う担当科目の課題(1)

  ・長井 典子・岩佐 明子・木許  隆:「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」施行に伴う担当科目の課題(2)

 ③ 講演:保育における音楽の役割- 実践現場から-  講師:仲野 悦子

 ④ 研究発表(口頭)

  ・友永 良子:学生のリズムの苦手意識について探る - オリジナルリズム動画教材の再生状況から - 

  ・河合 玲子:行事に関する「子どもの歌」の教材研究Ⅱ - オリジナル楽譜から読み解く作品の意図に注目して - 

  ・木許  隆:微音程を確認しながら行うチューニング